アプリケーションエンジニアの昇進への苦労

IT業界において嘆かれてきたこととして、管理職に就いて経営を切り盛りしていく能力をもったエンジニアに欠いているという点がありました。そのため、アプリケーションエンジニアの資格が生まれて将来的にリーダーシップを発揮することで、プロジェクトリーダーになれる人材を育成することが目指されています。そういった影響を受けて、IT産業ではアプリケーションエンジニアの資格取得者の求人募集が行われるようになってきました。

プロジェクトリーダーとなる資質を持つ人材は、必ずしもエンジニアとして優秀であるとは限りません。現場で優秀な人材をプロジェクトリーダーとして抜擢して成功することもあれば、失敗することもあるという状況が企業では続けられてきています。その対策としてフリーエンジニアを活用するというアプローチも取られてきています。そのため、アプリケーションエンジニアとして採用された人材は、フリーエンジニアとしてプロジェクトリーダーの仕事を担う人たちと、競争していかなければならないという苦労があります。フリーエンジニアは多様な経験を積んでいることが多いです。様々なチームで働いている経験者も多いことから、リーダーや経営者としての見識を持っている人がほとんどです。そのため、そういった人材と競争して優秀であると認められ、プロジェクトリーダーとして昇進して活躍できるようになるためには大きな努力が必要になっています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です