資格と需要について

アプリケーションエンジニアは現場経験を積んできた人であり、なおかつコミュニケーション能力に優れた人に向いています。プロジェクトリーダーとしてプロジェクトを統括するのと同等の扱いを受けるか、その準備段階をもってキャリアとして適切なものなのです。実際に自分の手を動かして専門的な仕事に従事する立場と統括する立場との橋渡しになる職種になるからと言えます。

実際に動かすプロジェクトの発案をするために、顧客へのヒアリングを行ったり市場の動向の分析を行うことが業務の出発点になります。それによって、成立したプロジェクトの実際の進行を現場で指揮する中心となっていくことになります。そのため、現場で行われていることに熟知し、どのスタッフが何を担えるかを把握して適切なマネジメントを行うことが必要です。それは現場を数多く経験しているからこそできる業であり、アプリケーションエンジニアに求められる最も基礎となる能力になります。そして、適切なマネジメントを行うには現場のスタッフとの円滑なコミュニケーションが不可欠であり、その能力が不可要素として必要になるのです。現場経験とマネジメント能力を自然に兼ね備えるのは難しいことから資格試験も実施されるようになりました。それを受けて、有資格者に対する求人募集も散見されるようになり、こういったリーダー候補の人材がIT業界で必要とされていることが容易に窺い知れるようになってきています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です